Windows HD版クライアントにさらなる機能改善を実施!
「HD版機能改善」第2弾
 
3月14日に実施した「HD版機能改善」の品質向上を目的としたアンケートにご協力いただき誠にありがとうございます。
アンケートでいただいたご意見やご要望をもとに、本日6月6日のアップデートでWindows HD版クライアント(以下、HD版)に以下の機能改善を実施しました。

・対象の軌跡を追う追尾の実装(新たな追尾方式の追加)
・ウィンドウごとに操作するゲームパッドを選べる機能の追加
・初期設定不要でゲームパッドがすぐに使えるXInput対応
・「軽量モード」時の設定を調整できるように改善
・非アクティブなウィンドウのCPU負荷を軽減する設定の追加
・キャラクターモデルの表示処理改善によるさらなる軽量化
・「設定サーバー保存」機能の改善
・ターゲットカーソルをよりスタンダード版に近い見え方に調整

スタンダード版(以下、SD版)をご利用中の方は、さらなる改善が行われた新しいHD版をぜひお試しください。

   ※必要動作環境はこちらをご確認ください。
※HD版をダウンロードできない等、問題が発生した場合はこちらよりお問い合わせください。

また、今回も期間中新しいHD版をお試しいただいた方に、さらなる品質向上のためのアンケートを実施いたします。ご回答いただいた方に信長コイン300枚のプレゼントもございますので、なにとぞご協力をよろしくお願いします。
 
HD版にさらなる機能改善を実施!

1.対象の軌跡を追う追尾の実装(新たな追尾の追加)

対象の軌跡を追う追尾の実装を行いました。これまでの追尾はそのままに新しい追尾を「追尾タイプ・弐」として追加し、合戦場、ダンジョン、それ以外のエリアでそれぞれ追尾タイプを設定できます。

追尾タイプ・壱:追尾対象を直線的に追尾するこれまでと同様の追尾になります。対象に最短距離で追尾するので追尾対象からの距離が離れにくい特徴があります。
追尾タイプ・弐:追尾対象の軌跡を追って追尾する新しい追尾になります。障害物にぶつかりにくく、ゾーンを移動する位置まで対象を追尾する特徴があります。
 

《設定方法》
追尾タイプの変更はゲーム内の[コマンドメニュー1]-[徒党]-[徒党設定]-[追尾種類設定]メニューから設定いただけます。
 
2.ゲームパッドの改善
・ウィンドウごとに操作するゲームパッドを選べる機能の追加

ウィンドウごとに操作するゲームパッドを選べるようにしました。戦闘時などキャラクターを素早く切り替えたい場面で快適に操作をすることができます。
 

《設定方法》
操作するゲームパッドの選択は[クライアント起動時のランチャー画面]-[起動環境設定]-[全体設定]-[ゲームパッド設定]から行うことができます。

  • ※ゲームパッドを操作するだけでウィンドウをすぐさま切り替えるようにするには、複数のゲームパッドをそれぞれのウィンドウに設定する必要があります。

 

・初期設定不要でゲームパッドがすぐに使えるXInputに対応

XInput対応のゲームパッドなら、ボタンの初期設定不要でゲームをプレイすることができます。
  • ※XInputとして認識されるゲームパッドは最大で4つまでになります。
  • ※XInput対応のゲームパッド使用時にフォーカスウィンドウの送り/戻しを行う際は下記入力で行います。
  •  L1+右アナログスティック右操作でフォーカスウィンドウ送り
  •    L1+右アナログスティック左操作でフォーカスウィンドウ戻し
    戦闘中は下記操作でもフォーカスウィンドウを変更できます。
  •  右アナログスティック右操作でフォーカスウィンドウ送り
  •    右アナログスティック左操作でフォーカスウィンドウ戻し
  • ※同じゲームパットを設定しているウィンドウでは、L1+右アナログスティックの左右操作でウィンドウ間のフォーカスを変更できます。
  • ※SD版ではXinput対応がされていないため、XInput対応のゲームパッドで正しく動作しません。SD版とHD版を同時にご利用の際はご注意ください。

 
3.軽量モードの改善とさらなる軽量化を実施

軽量モード時に一部設定が変更できなかった点を改善し、設定を調整できるようにしました。
描画設定を低くしたままキャラクター表示数だけ多くするなど、軽量モード時でも自分好みの設定に調整することができます。また、非アクティブなウィンドウでのCPU負荷の軽減をする設定の追加や、モデルの表示改善によりさらなる軽量化を実施しました。
 

《設定方法》
「軽量モード」への変更や非アクティブなウィンドウのCPU負荷を軽減する設定は[クライアント起動時のランチャー画面]-[起動環境設定]-[全体設定]-[描画設定]から行うことができます。
  • ※[描画設定]内の[ゲーム内設定]を軽量にすると、PCへの負荷がかかりやすいキャラクター表示数、背景表示距離、背景モデル透過距離の設定を一括で最低にすることができます。
    

 

     

4.その他改善

・「設定サーバー保存」機能の改善
ゲーム内の設定や地図の登録データなどを任意のタイミングで保存、読み込みできるようにしました。また、これまではいつどのクライアントでデータを保存したのかわかりにくかった点を改善し、保存した日時やクライアント種類がわかるようにしました。
SD版からHD版へ現在の設定を引き継ぎたい場合はSD版に現在の設定を保存し、HD版にその設定を読み込むと設定や登録データなどをそのまま引き継ぐことができます。
  • ※信書、信書の宛先帳、UI位置に関しては引き継ぐことはできません。
  • ※知人登録のデータなどは保存せずに引き継がれます。
 

《設定方法》
現在の設定の保存や読み込みは[コマンドメニュー2]-[機能]-[設定]-[記録設定]-[現在の設定を保存]、[設定の読込]から行うことができます。
  • ※ PlayStation(R)3版、PlayStation(R)4版からは設定を引き継ぐことができません。
 

 

      
・ターゲットカーソルの大きさを調整

ターゲットカーソル設定”大”の時のカーソルを前回よりさらに大きく調整しました。
 
《設定方法》
ターゲットカーソルの大きさの変更はゲーム内の[コマンドメニュー2]-[機能]-[設定]-[UI設定]-[ターゲットの大きさ]から変更できます。
 
・画面切替効果を設定に追加

SD版にあるゾーン間移動や戦闘中の画面切替方式の設定機能をHD版にも追加しました。
 

《設定方法》
「画面切替効果」は[コマンドメニュー2]-[機能]-[設定]-[画面設定]から変更できます。
    

 

      
・フルスクリーンで複数起動可能に

フルスクリーンの画面サイズでも複数起動が設定できるようにしました。
 
《設定方法》
[クライアント起動時のランチャー画面]-[起動環境設定]から設定することができます。
  • ※フルスクリーンで複数起動する際は、[クライアント起動時のランチャー画面]から起動する必要があります。

    

 

      
・HD版の初期設定の変更

以下の初期設定を変更しました


・HD版のキャラクター表示数の初期設定をSD版と同じ30体に増やしました。
  • ※キャラクター表示数の上限はHD版200体、SD版100体です。

・モデル簡易表示の初期設定を”タイプ2”にしました。
  • ※モデル簡易表示時”タイプ2”では、キャラクターモデルの詳細データを読み込むまでの間、簡易モデルが表示されます。
・地図の表示タイプの初期設定を”簡易”から”カスタマイズ”に変更しました
・設定サーバー保存の初期設定を“する”にしました。
 
  • ※上記初期設定の変更は、HD版をインストールした最初の起動時と、設定を初期化した際に適用されます。
 

 
さらなる品質向上のため、アンケートを実施!
HD版の機能改善にあわせ、HD版をお試しいただいた方に、さらなる品質向上のためのアンケートを実施いたします。ご回答いただいた方に信長コインのプレゼントもございますので、なにとぞご協力をよろしくお願いします。

実施期間

2018年6月6日(水) メンテナンス終了後(11:30予定) ~ 2018年6月20日(水)メンテナンス開始前(9:29予定)
対象

HD版からゲーム内にログインできるアカウント(体験版、製品版、ネットカフェ)をお持ちの方
配布方法

HD版でゲーム内にログインし、アンケートに回答すると《信長コイン・百枚》 3個が《贈物⦆に送られます。
  • ※アンケートはゲーム内の[コマンドメニュー1]-[機能」-[御意見伺]から行えます。
  • ※《信長コイン・百枚》は[コマンドメニュー2]-[機能]-[贈物]-[贈物を受け取る]、またはNPC《贈物奉行》より受け取れます。
  • ※プレゼント(信長コイン)の配布は1市民IDあたり1回とさせていただきます。
  • ※信長コインは、受け取るキャラクターのアカウントに紐づいた機種の信長コインになります。

2018.6.6
  • ツィートする
  • facebookでシェア
  • ツィートする
  • facebookでシェア